Tags

,

When one door closes, another will open.

人生は短いです。
あっという間に、大学に入る。そして、卒業して社会人となる。
気付かないうちに、もう直ぐ30代となる。
そして、過去を振り返ったら、「私、一体何をした」と考えてしまう。
真是一眼瞬间,茫然也好,清醒也罢,走完人生旅途。

人生は長いです。
学校にいた時、試験が終わる前日が一番辛かった。
大切な人と喧嘩して、仲直りをする前のcold war時期がとても耐えられない。話し合わない日はたった一日だけかもしれないのに。
都市生活に疲れた所為か、落ち込んでいる人は涙を流しながら、いつかこの状況から脱出できると自分に、神様に繰り返して聞く。
辛い時に、1日はまるで1年のようです。

人生は長く見えますが、本当に短い方だと考えたいです。
充実な毎日を過ごすために。
周りの人を大切にするために。
辛い時に、あまりにも自己憐憫をしないために。

人生は短く見えますが、やはり長いものだと考えたいです。
大切な人とゆっくり過ごす時間を作るために。
おいしいものを食べるだけでなく、味わうために。
長い時間を掛けて、ずっと自分を磨き続けるために。

結局、人生というのは、決まった定義はないのではないかと思います。

*人生だけでなく、何に対しても、一つの観点などありません。 ただ、人間はいつも自分を中心にして、他人の立場を考えがちな生物、とは言えないですね。そのため、他人をひどく判断し、束縛しながら、自分も同じようにそういう狭い考え方で囚われてしまいます。特に、極端な気持ちを持っている時は、更にそうです。Fury, depression, extreme happiness in the form of ecstacy…tends to narrow and perhaps blur the lens of the photographer.

辛い時でも、幸せな時でも、平常心を保つべきです。

Who knows? In another world, or perhaps in somebody else’s world, there may indeed be blue grass and green skies.

*皮肉的なのは、よくこのアイディアを考えれば、その信念自体が一つの観点となってしまいます。そして、そういった固定な信念を使って、一つの観点などないと宣言するのはどうかなぁ…